AKelastomer 旭化成のエラストマー・合成ゴム・透明樹脂 総合情報サイト 新しいウィンドウが開きますEnglish Open new window
カタログ ホームへ戻る 新着情報 用途事例 技術情報 製品情報
Home > 用途事例 > 食品容器
用途事例

食品容器

各種樹脂製食品容器の衝撃改質効果が期待できる製品群をラインナップしています。 アサフレックス®(SBC)は主にGPPSに、タフプレン®(SBS)は主にHIPS製の食品容器にブレンドされることで、衝撃改質効果を発揮します。また、低温時の耐衝撃性向上は特筆すべき点です。 タフテック®(SEBS)はPPやPS/PPアロイ製の食品容器の衝撃改質剤、相容化剤としてご利用いただけます。 アサフレックス®(SBC)は単体利用も可能で、シュリンクフィルム等フィルム形状品にも使用されています。
製品
特長
  • 耐衝撃性(特に低温時)
  • 柔軟性
  • 透明性
 
法適合
  • 各種食品法規対応
  • FDA対応
  • ※一部グレード未対応
軟質包装容器

ソフトボトル

ストレッチフィルム

ラッピングフィルム

シュリンクフィルム

発泡PS容器

弁当容器