AKelastomer 旭化成のエラストマー・合成ゴム・透明樹脂 総合情報サイト 新しいウィンドウが開きますEnglish 新しいウィンドウが開きます
用途事例 製品情報 アサフレックス編 技術情報 新着情報 エラストマー編 カタログ ホームへ戻る
Home > 技術情報 > PPのタフテック®H1062による改質効果
エラストマー技術情報

  • PPのタフテック®H1062による改質効果
タフテック®H1062により、PPの耐衝撃性、伸び、脆化温度を改良することができます。

画像1
条件:ASTM D638 20mm/分
条件:JIS K7110 1/8インチ、23℃、ノッチ付き
<コンパウンド製造条件>
シリンダー温度:210℃
<成形条件>
シリンダー温度:230℃、金型温度:40℃、射出時間:10秒、冷却時間:30秒

* EOMはエチレン−オクテンコポリマー

* これらの数値は、定められた試験法に基づいて得られた代表値であり、保証値あるいは製品スペックではありません。
カタログ