AKelastomer 旭化成のエラストマー・合成ゴム・透明樹脂 総合情報サイト 新しいウィンドウが開きますEnglish 新しいウィンドウが開きます
用途事例 製品情報 アサフレックス編 技術情報 新着情報 エラストマー編 カタログ ホームへ戻る
Home > 技術情報 > ナイロン6のタフテック®Mによる改質効果
エラストマー技術情報

タフテック®Mシリーズは、反応性の高い官能基で変性したポリマーで、各種ポリアミドの官能基と反応し、改質します。また、金属や樹脂に対する接着性も高いです。
  • ナイロン6のタフテック®Mによる改質効果
タフテック®Mシリーズの酸無水物基が、ナイロン6の末端基と反応し、グラフト体を形成します。
それによって、エラストマー成分がナイロン6中に微分散し、ナイロン6に耐衝撃性を付与します。





ナイロン6/M1913 (80/20)


ナイロン6/H1041 (80/20)
サンプルを液体窒素下凍結割断した割断面をトルエンエッチング後、透過型電子顕微鏡により観察した。



衝撃強度をコントロールするには、用いるナイロン6の官能基、タフテック®Mの変性量、 加工条件で分散粒径をコントロールすることが重要です。

* これらの数値は、定められた試験法に基づいて得られた代表値であり、保証値あるいは製品スペックではありません。
カタログ