AKelastomer 旭化成のエラストマー・合成ゴム・透明樹脂 総合情報サイト 新しいウィンドウが開きますEnglish 新しいウィンドウが開きます
用途事例 製品情報 アサフレックス編 技術情報 新着情報 エラストマー編 カタログ ホームへ戻る
Home > 技術情報 > 衝撃強さの比較(PS系)
エラストマー技術情報

アサフレックス®の配合量を増やすことにより、GPPSの透明性を損なうことなく、低温下においても耐衝撃性の優れた透明シートが得られます。
また、透明性が不要な用途には、タフプレン®の方がより効果的に耐衝撃性を改良することができます。

  • 低温衝撃強さの比較(PS系/-30℃)

カタログ

配合 配合比 シート厚み
(mm)
ダート
衝撃強さ
(J)
透明性
(ヘイズ/%)
アサフレックス®835/GPPS 50/50 0.30 1 1.3
アサフレックス®835/GPPS 70/30 0.30 7 0.7
タフプレン®125/GPPS 15/85 0.34 10 30
タフプレン®A/GPPS 15/85 0.34 4 40
タフプレン®A/HIPS 15/85 0.30 20 -
HIPS 100 0.30 15 -

* これらの数値は、定められた試験法に基づいて得られた代表値であり、保証値あるいは製品スペックではありません。