AKelastomer 旭化成のエラストマー・合成ゴム・透明樹脂 総合情報サイト 新しいウィンドウが開きますEnglish 新しいウィンドウが開きます
用途事例 製品情報 アサフレックス編 技術情報 新着情報 エラストマー編 カタログ ホームへ戻る
Home > 技術情報 > ポリカーボネートのタフテック®Mによる改質効果
エラストマー技術情報

タフテック®Mシリーズは、反応性の高い官能基で変性したポリマーで、ポリカーボネートの官能基と反応し、改質します。また、金属や樹脂に対する接着性も高いです。

  • ポリカーボネートのタフテック®Mによる改質効果
タフテック®によるポリカーボネート(PC)改質効果を示します。PCは極性を有するポリマーであるため、タフテック®Hシリーズに比べて変性タイプのタフテック®Mシリーズの方が改質効果が高く、少量添加するだけで耐衝撃性を向上させることができます。
カタログ
組成 アイゾット衝撃強さ
1/4インチ (J/m)
引張強さ(MPa) 曲げ強さ(MPa) 曲げ弾性率(MPa)
PC 180 64 98 2,500
PC/H1041
97.5/2.5
270 59 91 2,400
PC/M1913
97.5/2.5
720 58 89 2,400




* これらの数値は、定められた試験法に基づいて得られた代表値であり、保証値あるいは製品スペックではありません。