AKelastomer 旭化成のエラストマー・合成ゴム・透明樹脂 総合情報サイト 新しいウィンドウが開きますEnglish 新しいウィンドウが開きます
ホームへ戻る カタログ アサフレックス編 技術情報 用途事例 エラストマー編 新着情報 製品情報
Home > 技術情報 > アサフレックス®の各種成形条件(一例)                                        
エラストマー技術情報

アサフレックス®は一般的な熱可塑性樹脂と同様に、各種の成形方法によって成形することが可能です。

アサフレックス®の各種成形条件(一例)
アサフレックス®は250℃以上の温度で成形を行うと、ゴム相(ポリブタジエン相)の架橋が急速に進行し、透明性が損なわれ、物性も低下します。また、230℃程度の温度でも、長時間の滞留が懸念される運転条件下では物性低下が認められるなど、様々な不良現象の要因となりますので、注意が必要です。

<アサフレックス®の成形温度範囲の目安>
成形方法
射出成形
射出ブロー成形
Tダイ押出成形
インフレーション成形
ブロー成形
圧縮成形
真空成形
圧空成形
 

以下にアサフレックス®の成形条件の一例を示します。これらの条件設定値はお使いのグレード、混合相手樹脂、成形機、金型形状など様々な要因で設定が異なりますので、お使いの成形機や製品形状に合わせた条件設定の目安としてご使用ください。

<アサフレックス®の射出成形条件の一例>
項目 条件
成形品 長さ130mm、幅110mm、厚さ3mm(平板)
ゲートの種類 タブゲート、3×3mm
成形機 5オンス、型締80トン
シリンダー温度 180〜200℃
ノズル温度 200℃
射出圧力 67MPa
金型温度 50℃
背圧 6MPa
クッション量 3〜5mm
射出時間 10秒
冷却時間 20秒

<アサフレックス®のTダイシート押出成形条件の一例> 詳細はこちら
項目 条件
成形品 厚さ0.8mm、幅700mmシート
押出機 90mmφ
スクリュー ダルメージュスクリュー(L/D=32)
ダイ コートハンガータイプ
シリンダー温度 C1 180℃
C2 190℃
C3 195℃
C4 200℃
C5 210℃
ダイ温度 D1〜D5 210℃
ポリッシングロール温度 60〜80℃

<アサフレックス®のブロー成形条件の一例>
項目 条件
成形品 1200ccボトル
押出機スクリュー径 50mmφ
ダイヘッド数 2個
金型 2個取
シリンダー温度 C1 150℃
C2 160℃
C3 175℃
アダプター温度 175℃
ダイ温度 170℃
スクリュー回転数 60rPm
吐出量 30kg/Hr
金型冷却 水冷
吹込空気圧 6kg/cm2
* これらの数値は、定められた試験法に基づいて得られた代表値であり、保証値あるいは製品スペックではありません。